【初心運転者標識】

初心運転者標識(しょしんうんてんしゃひょうしき)とは、日本道路交通法に基づく標識の一つ。矢羽のような形状をしていて、左が黄色、右が緑に塗り分けられ、若葉のように見える事から一般的には若葉マーク(わかばマーク)や、初心者マーク(しょしんしゃマーク)の通称で呼ばれる。制度の導入は1972年。 道路交通法第71条の5第1項で定められている。普通自動車一種運転免許の取得後1年を経過しない運転者は、運転する車両の前後の視認性の高い部分(地上0.4 - 1.2m以内)に掲示する義務があり、また周囲の運転者はこの標識を掲示した車両を保護する義務を有し、幅寄せ・割り込み(やむを得ない場合は除く)などの行為を行なってはならないと定められており、表示車に対して幅寄せ・割り込みをした場合は交通違反となる(詳細は割り込み (運転)を参照)。 掲示義務を課されている運転者がこれを怠った場合は違反点数1点が、初心運転者に対する妨害行為に対してはやはり違反点数1点が加算される。 なお、市販される初心運転者標識には裏面が磁石になっていて車体に貼り付けることができる「マグネットタイプ」と、車内から窓ガラス等に貼り付けることができる「吸盤タイプ」の2種類が主に出回っている。ちなみに、指定自動車教習所で卒業した人は、その教習所のサービスや卒業記念として無料で初心運転者標識をもらえることが多い。

【取得後1年以上の者について】

上記に述べたように、免許取得1年未満の者には表示の義務がある。しかしそれ以外の者についてはなんら規定がない為、取得後1年以上の者が初心者マークを表示した車を運転しても法律上の問題はない。しかし警察庁の見解は「この法律の目的は普通免許を受けて1年未満の運転者の事故防止と保護にあり、それ以外の人が初心者マークを表示して運転することは法律の予定するところではない。」とのことです。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より